ブックガイド 詳細

日中食品汚染一覧へ

日中食品汚染

  • ●著者:高橋五郎 / 愛知大学現代中国学部教授、同大国際中国学研究センター所長
  • ●発行所:文藝春秋(文春新書)
  • ●発行日:2014年3月20日
  • ●定価:本体760円+税
  • ●電話:03-3365-1211
  • ◎評者:野沢博 / 茨城県西農業共済組合理事、専業農家

 本書は、中国を中心に海外農村調査歴40年の豊富な経験を基に、日中の食品汚染の恐るべき実態を赤裸々に暴いており、人脈をいかした確かな資料が豊富に掲載されている。

何が食の安全脅かす?
日本の問題点も指摘

 

 読み進む程に食べるものがなくなり、未来を担う子どもたちには与えたくないと感じるのは私だけではないはずだ。増え続ける食品添加物、氾濫する遺伝子組み換え食品。輸入食品はナマモノから加工品に急速に変わり、牛肉エキス、豚肉エキス、チキンエキス、野菜エキス、酵母エキス等々、正体不明の様々なエキスは消費者の身近な存在になったと言われる。
 中国の食品汚染の現状をめぐる化学肥料と農薬の多投と土壌汚染の悪循環、地下水汚染と水不足、pm2.5による大気汚染や重金属汚染等々の分析は、現地調査を重ねてきた著者だからこそ説得力がある。そして食品汚染は中国側の責任だけでなく、日本側にもあることが強調されている。私も成田空港の輸入食品検疫所を見学した際、職員不足を担当者は嘆いていた。 「日中の食品汚染」は著者が冒頭で言っているように、70年前後から始まった国の減反政策と、その後の食料自給率の低下がもたらした最大の弊害だ。
 迫るTPP交渉の行方。アメリカの危険な食糧戦略。さらに日豪EPAの合意は明らかに日本農業に打撃をあたえ、ますます食料輸入を助長する。 福島原発事故に無反省な国と東電の存在もある。今こそ消費者、農民、良識ある研究者が連携して、国の亡国農政を止めさせなければならない。そういう意味からも、ぜひ一読頂きたい本である。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ