ブックガイド 詳細

世界の農政と日本―グローバリゼーションの動揺と穀物の国際価格高騰を受けて― 日本農業年報60一覧へ

世界の農政と日本―グローバリゼーションの動揺と穀物の国際価格高騰を受けて― 日本農業年報60

  • ●著者:谷口信和 編集代表、平澤明彦・菅沼圭輔 編集担当
  • ●発行所:農林統計協会
  • ●発行日:2014年2月14日
  • ●定価:3500円+税
  • ●電話:03-3492-2987
  • ◎評者:千年篤 / 東京農工大学大学院農学研究院教授

 本書は、昨今のグローバル化の進展や国際穀物価格の高止まりを背景に諸外国ではどのような農政が展開されているのかを論考したものである。現時点での日本の農政を世界の中で位置づけることが本書の狙いである。

新興国にも注目し
世界の「農政」問う

 

 本書は3部・16章(+総論)から構成される。中核をなすのが第2部の世界各国の農政動向に関する論説である。対象国/地域は、アメリカ、カナダ、EU、フランス、イギリス、メキシコ、ブラジル、ロシア、中国、韓国、インドの計11カ所である。地理的広がり、経済発展の程度、農業条件の違い等に配慮し、国際食料市場または日本との関係において重要な国が選択されている。新興数カ国を取り上げているのが本書の特色である。すでに情報蓄積が豊富にある欧米諸国については、ビビッドな情報を紹介しながら直近の政策について具体的な特徴が論じられている。他方、馴染みの薄い新興国については、長期的視点から、経済発展過程での農業構造および農政の変容が整理され、その上で現在の農政の特徴が解説されている。
 分析視角や構成が各章で一様でないこともあり、世界の農政動向を体系的に理解したいという読者にとっては読後、やや物足りなさが残るかもしれないが、本書で示された豊富な情報は、新興国を含む世界の農政動向を大づかみに把握する上で極めて有用であり、同時に日本の農政の相対化において貴重な示唆を与えるものであることは間違いない。読みごたえある1冊である。

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ