ブックガイド 詳細

FTA戦略下の韓国農業一覧へ

FTA戦略下の韓国農業

  • ●著者:品川 優 / 佐賀大学経済学部准教授、韓国農村経済研究院客員研究員
  • ●発行所:筑波書房
  • ●発行日:2014年4月24日
  • ●定価:本体2800円+税
  • ●電話:03-3267-8599
  • ◎評者:森泉 / ジャーナリスト

 韓国では2014年4月16日、同国南部の珍島で「セウォル号」遊覧船が沈没する事件が起きた。人命より収益、他人より自分を優先した目先利益主義で、293人が死亡し11人が行方不明となった。

自由貿易協定で豊かさは得たか

 

 

 セウォル号の事故では、その大半が、次世代を担う中学生だった。これは、貧富格差拡大など様々な社会問題を横目に、経済発展を優先する同国の国づくりの縮図に映る。
 同国政府は、自由貿易協定(FTA)こそ「輸出拡大」「雇用創出」につながり、国民がハッピーになると謳う。しかし、農業だけではなく、医療、教育、鉄道などで様々な問題が深刻化し、制度改善を求める大小デモが毎日のように行われている。 農家所得は、すでに非正規労働者並みと低下した。著者は、各種データを基に、自分の現地調査を加え、同国政府の「ウソ」を暴く。
 まず、「輸出拡大」のウソ。FTA先行利益論では、日中韓3カ国のなかで、韓国の米国向け輸出増加率が最も高いはず。しかし実態は「日本が最も高く、次に中国、韓国の順」だ。
 次に、「雇用創出」のウソ。政府は、輸出拡大を前提に雇用創出を期待する。しかし、企業の海外進出が進み、国内の空洞化に加え、安価な輸入物による国内企業の倒産で失業者が続出する。そのため、FTAが「必ずしも大きな雇用創出効果があるとはいえない」と指摘する。
 著者は、チリ、米国、欧州連合(EU)とのFTA内容や影響、関連政策を詳しく分析し、現地農家の対面調査も行った。内容が分かりやすく、客観的で説得力がある。危ない船(FTA推進策)に乗りたくなければ、ぜひ一読してほしい。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ