ブックガイド 詳細

楽しいJA女性組織一覧へ

楽しいJA女性組織

  • ●著者:大金 義昭 / 文芸アナリスト
  • ●発行所:家の光協会
  • ●発行日:2015年1月
  • ●定価:1000円+税
  • ◎評者:高橋テツ / JAいわて花巻女性部

 本書の著者の大金さんとは、ご縁がありタイで農村女性グループリーダーの育成に関わった仕事をご一緒させて頂きました。

女性の力発揮のための組織活動の道しるべに

 この度「楽しいJA女性組織」を読ませて頂き、大金さんとタイの田舎を回りながら女性たちの活動を通して「人づくり」「組織活動の在り方」を日本の事例を紹介しながら歩いた事が昨日の事のように蘇ってまいりました。「楽しくなければ活動じゃない!」はタイでも大金さんの持論でした。
 本書はその時々の地域の実情、農村女性たちの抱えている環境、課題、そしてそれらを乗り越えてきた歴史を知り尽くした大金さんだからこそ書く事ができた本だと思います。自分たちの活動や思いが活字となり、あっという間に引きずり込まれるように読まれた部員も多かったことと思います。
 考えてみますと昭和50年代頃までは「共同購入」や「健康管理活動」「農産物の自給運動」等を組織活動の目的を達成するための手段として取り入れ、みんなでやり遂げた達成感、満足感を味わう事ができた時代でした。それが「健康管理活動」は「ドックセンター」の開設や「介護施設」の充実、また「自給運動」は「ファーマーズマーケット」のオープンにつながり現在に至っております。
 組織活動が「運動」から「事業」へと移行し現在の女性起業の一役を担ったと思います。そのような活動を経て現在の女性部活動は目的達成のための手段が身の回りになくなり、メリットを見出すのが難しい時代になりました。
 だからこそ本書は組織活動の道しるべとして手元におき、活動に迷った時、更なる一歩を踏み出したい時、読みたい本だと思います。どのページを開いても、開いたところがヒントになり楽しくなる、私達にとってとても大切な一冊になりました。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ