コラム 詳細

コラム:農政寸評

【森島 賢】

2013.03.18 
TPPの農林水産物への影響の政府公式試算一覧へ

 この欄は、広く農政に関わるニュースを速報し、それに寸評を加えたものです。

 安倍晋三首相が、TPP交渉に参加することを決めた。
 その後で、TPPに加盟したばあいに、農林水産物にどれ程の被害があるか、についての政府の公式な試算を発表した。合計で3兆円になる、という。
 被害を品目別に示したものが、下の図である。

3月15日に公表されたTPPの農林水産物への影響の政府公式試算 横軸は生産額目盛で、縦軸は生産の割合である。色を塗った部分が影響する割合である。だから、色を塗った部分の面積が被害金額になる。
 最も左は米だが、この面積が最大である。その次が牛乳乳製品から鶏卵までの畜産物である。林水産物の被害も大きい。
 TPPの被害を受けるのは、米だけではなく、畜産も甚大な被害を受けることになる。
 図の中の白い部分は、残る国内生産額だが、この部分が多いような印象を受けるが、そうではない。現状の国内生産額が、すでに輸入品によって減っていることに注意しなければならない。
 米の被害がこの程度とは考えられないし、その他農産物の被害がゼロというのも、うなづけない。


【農政寸評】の一覧はコチラから

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ