コラム 詳細

コラム:農政寸評

【森島 賢】

2013.07.23 
参議院の第2党は市場原理主義反対党一覧へ

 この欄は、広く農政に関わるニュースを速報し、それに寸評を加えたものです。

2013参議院比例区選挙の政党別得票数のシュミレーション 上の表は、こんどの参議院選挙の比例区の結果である。実績とシミュレーションを示している。
 はじめに、実績をみよう。
 比例区は死に票が少なく、選挙者の意向を忠実に反映する、といわれている。だが、この結果は、そうなっていない。表のなかで、得票数が生活の党以下の党の得票数は、合計して255万票あるが、それが全て死に票になった。
 ここで言いたいことは、比例選挙のこうした歪みではない。その原因になっている、野党の、ことに市場原理主義に反対している党の四分五裂の状態を指摘したい。

 もしも、これらの党が大同団結していたら、どうなるか。統一名簿方式でもいい。その党派を仮に市場原理主義反対党と名づけよう。そのシミュレーションの結果を示したのが、表の右側の欄である。単純に市場原理主義に反対している党の得票数を合計したものである。
 そうすると、この党が参議院で、公明党や民主党を超えて、自民党に次ぐ第2の大政党になる。副議長を出すほどの大政党になる。

 第2党といっても、第1党の半分でしかないと、あざ笑う人がいるかも知れない。
 だが、第1党などの、市場原理主義を推進する党のなかにも、実は市場原理主義に反対の政治家が少なくない。その人たちに呼びかければ、第1党の大政党になるだろう。そして、政権を託されるだろう。その可能性は充分にある。日本の政治が根本から変わる。
 格差を拡大する弱肉強食の市場原理主義に反対の主権者は、この状態を望んでいる。そして、市場原理主義に反対する諸政党に対して、強く要求している。


【農政寸評】の一覧はコチラから

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ