コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2013.12.16 
飼料米増産の本気度一覧へ

 農水省の来年度予算の概算要求額が決まった。
 だが、米政策の部分は確定しないで、昨年どおりの要求をした。
 減反補助金の固定部分を半額にして、飼料米補助金を増やし、飼料米生産の拡大して、主食米の生産を抑制するというのだが、そのための予算が、まだ確定していない。
 これでは、どれほど本気になって、飼料米生産を拡大しよう、というのか分からない。

 もしも、減反補助金を減らした分だけの予算を使って、飼料米を増産する、と考えているなら、それは新しい米政策の看板倒れというしかない。
 計算して考えよう。
 昨年の減反補助金の固定部分は10アール当たり1.5万円で、予算額は1613億円だった。これを半分に減らすことになっている。だから、予算額は半分になって、残りの半分の807億円だけ余る。
 この余りを使って、この余りだけで、飼料米の増産をするというのだろうか。どうなるか計算してみよう。

 飼料米増産のための補助金は、10アール当たり10.5万円と決まっている。1ha当たりでは105万円である。
 だから、増産面積は807億円割る105万円の7.7万haでしかない。米の作付面積は165万haだから、その4.7%に過ぎない。収穫量もこの割合で増えることになるが、この程度増えることは、作柄しだいで、それほど珍しいことではない。
 言い換えれば、この程度の政策の変更は、天候の変動の程度のものである。大上段に構えて政策変更などと言えるものではない。

 政府は、米政策の歴史的な転換といいたいようだが、それなら、減反奨励金の余りだけで飼料米を増産する、などと考えるのではなく、そのための抜本的な予算の充実を計らねばならない。
 そうでなければ、看板倒れといわれても、しかたがない。目先の変わった猫の目農政、と言われてもしかたがない。農村が混乱して迷惑するだけである。

 

(前回 新しい米政策が目指す競争力強化は小農切捨て

(前々回 新しい米政策は米価下落と窮迫販売を招く

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ