コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2014.06.30 
TPP効果による酪農崩壊の危機一覧へ

 酪農がいま崩壊の危機にある。
 酪農王国の北海道では、若い後継者が酪農から離脱しようとしている。そのことを、北農中央会の調査によるものとして、道新が伝えている(24日)。
 この調査によれば、2012年度に牛乳の出荷をやめた205戸のうち、約100戸が20〜49才の働き盛りのいる農家だったという。
 中央会の片田英隆調査役は、TPPなどの先行き不安によるもの、と分析している。

 片田調査役によれば、これまでは、離農したばあい、近くに残った農家が引き受けて規模拡大してきた。だが、いまは、残った農家も投資意欲を失って、地域の生産量を維持できなくなった。
 理由はアベノミクスの円安による飼料高だけではない。TPPなどによる将来の乳価安と牛肉安の不安が、重くのしかかっているという。
 これはTPP効果といっていい。TPP交渉が妥結したわけではないのに、交渉を行っているだけで酪農家の将来への希望を奪っている。それほどに、TPPの酪農にたいする破壊力は強い。
 北海道酪農は、このTPP効果によって、崩壊へ向かう新しい局面に入った。

 北海道だけではない。府県の酪農も生産量を維持できなくなった。
 下の図は、全国の生乳生産量を、1990年度から昨年の2013年度まで示したものである。

 生乳生産量 1990-2013年 

 1996年度は866万トンで最大の生産量だった。だが、それ以後減り続け、2013年度は745万トンで14%も減ってしまった。
 昨年の夏以後は、以前よりも激しい減少率で減り始めた。それが、2014年度に入っても続いている。
 最近では、年率で3%程度の減少率である。1世代を20〜30年とすれば、次の世代には生乳生産量が半分に減ってしまう、という勢いである。

 酪農崩壊が新しい局面に入ったというのは、減少率が以前よりも大きくなった、というだけではない。働き盛りの農業者が離農しだした、という新しい深刻な局面に入った、ということである。
 彼らは、将来、TPPなどで安い酪農製品や牛肉が自由に輸入され、酪農が立ちゆかなくなる、と考えたのだろう。
 彼らは、20年先き、30年先きの将来を見据えて酪農をやめ、新しい職業を選んだ。高齢になってからではおそいし、思うような転職ができない、と考えたのだろう。
 新規就農者対策などでは、この局面は転換できない。転換するには、TPPなど市場原理主義農政を止めるしかない。諸悪の根源はここにある。これは根こそぎ絶たねばならぬ。

 酪農だけではない。全ての畜産だけでもない。TPPなどで輸入自由化をすすめれば、米作など、ほとんど全ての農業が、後継者を失うという同じ道を通って、崩壊へ向かうだろう。
 そうした代償を払ってまで、自動車などの輸出を僅かに増やすことが国益なのか。それが、いま問われているのだ。

 今日から、TPP交渉の日米実務者協議が始まる。
 そこに注目が集まらないように、財界が農協改革という口実で、農協攻撃を仕掛けている。反TPP運動の主力である農協に的をしぼって攻撃を集中している。
 農協はいま、内向きになって自己改革に全力を注ぐときではないだろう。それでは、財界の思うつぼにはまる。
 そうではなくて、反TPP運動を中心にすえ、運動を強化しながら、その中で農協攻撃に対峙しなければならないだろう。


(前回 財界の狙いは農政運動の弱体化だ

(前々回 全中への嵐は去ったが―まだ安心できぬ

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ