コラム 詳細

コラム:キサクな老話

【一般社団法人・農協協会会長 佐藤喜作】

2016.08.03 
【コラム・キサクな老話】長寿健康の良薬に一覧へ

◆朝の挨拶と笑顔

 わが集落は「出羽の富士」といわれる鳥海山の北側に、冬は狂乱怒濤に洗われる日本海に面した昔は漁農村で、半農、半漁の生計での約100戸の家が慎ましく、清貧な暮らしをしている、と言いたいのだが、それだけに酒に溺れた乱れのトラブルが頻発し、先達が禁酒会を組織して、苦労して実践成功し、大きな石の記念碑を建立しているところである。
 しかし戦後は、僅かしかない水田を潰して宅地造成が進み、今は300戸余の住宅が建つ大集落になってしまった。旧住民は、いずれの家にも家名(屋号)がついており、多くが300~400年以上の過去帳を持っている。
 さて現況を見ると、戦後間もない筆者が農事組合長の時は62戸の耕作者だったが、今は10名余に激減し、漁師関係は10名近い船主と船方(一般に5、6名)といわれる乗組員がいたし、そのほかの小船で沿岸磯漁をする人もいた。しかし今、船主は不在、機械船は零となり、辛うじて残る小船の船外機船での漁業者も数名となってしまった。
 だから海のすぐ傍らにいながら、地元の魚を食することが困難になってしまった。この姿がやがて農の世界にも感染しないと断言できない不安を隠しきれない憂鬱さに繋がってくる。そんな中で嬉しいことがあったので紹介する。
 いままでわが集落で長寿者はせいぜい女性の90歳代であったのに、この度、男性で白寿どころか現役パリパリで100歳をクリアした男性がこられた。彼は数年前、最愛の連れ合いを失ってしまった寂しさは隠しきれないが、元気そのものである。
 そこで有志でお祝いをしようと準備したが、そのとき彼の凄い体験を聞くことができた。終戦時は満州で軍務に励んでいたが、ソ連軍に抑留されシベリアに行ったのである。そうした中で彼の態度は、朝起床するとソ連兵の誰彼なく大きな声で「お早うございます」と、挨拶を欠かさず行った。そして何を言われ、辛い仕事を命令されても嫌な顔を見せずニコニコと笑顔で接したのであった。
 その故か、注目され皆にかわいがられ、食べ物はもちろん、労働も楽なものが与えられて、世に言う地獄の姿は彼にはなかったとのこと。「だから人間気の持ちようで人生が変わるんだ」と断言する。
 これは経費がかかるわけでもないし、特別な学修や研究の必要もない簡単にできることだと。ところが祝賀会直前に緊張して発熱し、会はお流れになり、入院10日で退院。その翌日は海の漁に出て大きな水蛸を捕らえて帰宅した。今も海や畑に出る毎日である。その長寿健康が挨拶と健康にあると思うがどうだろうか。
 芸だけではなく、挨拶と笑顔も身をたすくである。
 アベノミクスとか、三本の矢とか、経済とかに目も心も奪われる今日、最大の清涼剤になると思うナー。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ