コラム 詳細

コラム:グローバルとローカル:世界は今

【三石誠司 宮城大学教授】

2016.10.07 
世界の人口:「横、縦、そして・・・」一覧へ

 食料問題は関心が高いテーマの1つである。その理由は、入りやすいだけでなく、多くの人にとって「食べること」は生存の絶対条件であると同時に生きる楽しみでもあるからだ。目の前の食べ物の一つ一つにグローバルな世界とローカルな世界が抱えている様々な問題が凝縮されている。人は毎日の食事を通して直接的にも間接的にも「“世界の今“を見ているのである。
 そのため、このコラムは人口に関する話から始めることとしたい。食料問題の根幹は人口であり、人口に関する基本的な動向と数値を押さえておくことは食料問題を理解するためには極めて重要であるからだ。

 さて、最新の国際連合の資料(World Population Prospects:The 2015 Edition)によると、2015年時点で73億人の世界人口は、2030年には85億人、2050年には97億人に達し、2100年には112億人に達する見込みである(いずれも中位推計の値)。これをどのように見るか、ここでは「横と縦」の2つのアプローチをしてみたい。

世界の人口:「横、縦、そして・・・」

 最初に「横」からの視点である。これはある特定時点での割合を見て、物事を判断する方法である。2015年の世界は、アジアの人口が世界の67%を占め、次いでアフリカが16%と、この両地域だけで83%を占めている。これは経営における業界シェアの分析に似ている。経営ではシェア67%といえば、ほぼ安定的な独走状態に近い。企業経営者の立場から見れば十分に喜ばしいことであるが、食料や人口、そして生活水準や環境などに関する限り、ここには多くの課題が存在している点は言うまでもない。
 次に「縦」からの視点で見てみよう。これは物事を時系列で見る方法である。ある時点の業界シェアを見る方法が「横」の視点とすれば、シェアが時間の流れとともにどのように推移してきたか、そして今後、どうなるかという角度から見る方法である。
 比較を簡単にするために2015年から2050年までの35年間で試算すると、世界人口の年平均成長率は概ね0.8%となる。地域別には、アフリカが2.1%、アジアが0.2%、ヨーロッパが▲0.1%、ラテン・アメリカおよびカリブ海諸国が0.6%、北米が0.5%、オセアニアが1.1%である。
 35年間の年平均成長率0.8%は一見少なく感じるかもしれないが、これを企業の売上高として考えてみると、その着実な成長性がよくわかる。売上高73億円の企業が毎年0.8%、つまり約6,000万円の売上増を35年間継続することと同じである。急成長する企業には多くの人が注目するが、着実な成長をしている企業にはなかなか目がいかない。気が付いた段階では極めて大きな規模に到達しているということと同じである。
 
 国連の推計が正しいとすると、2015年の世界と2035年の世界は人口総数だけでなく、その地域別構成、つまり市場と需要が大きく異なる点が見てとれる。2100年になればその違いは一層大きくなる。これが「横」と「縦」の分析から見えてくる世界の大枠である。

世界の人口:「横、縦、そして・・・」

 さらに正確に将来の姿をつかむためには「横」「縦」に加え「高さ/深さ」の分析が必要である。これは人口推計で言えば、例えば、年齢別の人口割合などである。そこで世界人口の年齢別推移(0-14歳、15-64歳、65歳以上)を見ると、112億人が生きる22世紀とは、14歳以下が現在と同じ約20億人であるのに対し、65歳以上は1950年当時の総人口と同じ25億人という世界になることがわかる。

* *  *

 さて、将来の世界をどのように想像するかはもちろん、個々人の自由である。ただし、楽観的すぎても、逆に悲観的過ぎても無理がある。一定の前提を置いた上で、客観的に物事を捉え、論理的な対応策を検討していくしかないと考えられる。そこで、食料問題と人口については、同じデータを用いてもう少し検討してみたい。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ