コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2017.01.31 
改めて、JAへの期待一覧へ

 私が家庭菜園にはまったのは、あるJAが運営する貸し農園がきっかけでした。春先にベテラン農家さんが初心者向けの栽培講習会を開いて、鍬の使い方から野菜苗の植付け方法まで丁寧に教えてくれました。それだけでなく、毎週のように区画を見て回っては個別にアドバイスをくださいますし、ちょうど植え時の野菜の苗を安く売ってくださいましたので、ほとんど失敗なく立派な野菜を収穫することが出来ました。

◇    ◇

 貸し農園はJAの支所のすぐ横にあったので、農薬や肥料など必要な資材はJAで買えました。また、併設されている直売所では新鮮で安い野菜を買うことができました。自分の菜園でも栽培しているのですが、周年栽培できないので、直売所は一般のお客さんだけでなく、菜園利用者でも賑わっていました。7年前に引っ越して利用できなくなってしまいましたが、今でも懐かしく思い出します。

◇    ◇

 今利用している貸し農園は、地主さんに代わってホームセンターが契約の管理を行っています。ホームセンターに隣接しているので、資材の購入に不便はありませんが、来春には道路側の30区画ほどを別の事業に貸し出すため、農園の区画数が大幅に減ってしまうとのこと。それに伴って、賃料を倍に値上げするというのです。迷いましたが借りていた2区画のうちの1区画を解約しました。

◇    ◇

 この農園の賃貸契約は1年ごとの見直しで、賃貸料金は地主さんの言いなりです。一昨年7000円だった賃貸料金が昨年5000円に値下がりし、今年は1万円に値上がりです。賃貸料金が不満足ならば解約すれば良いということなのでしょうが、そのような関係性の中では、JAの運営する貸し農園で経験した生産者の方との暖かい交流は望むべくもありません。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ