コラム 詳細

コラム:ひとこと

【金右衛門】

2017.02.15 
【日米首脳会談にひとこと】農協つぶしは断固阻止一覧へ

 農協新聞の新年会で東大教授の鈴木宣弘先生の講演を聞いた。正論!緻密で明快!感動的である。演題は「TPP闘争勝利と「TPPプラス」JA解体への対応」だった。トランプ大統領が就任するとすぐに、TPPからの離脱を宣言し、事務手続きも終了した。米国は永久に離脱である。我々日本のTPP反対運動は完全勝利。お祝いしましょうという。
 しかし、一旦収まったかに見える貿易交渉も次にFTAという2国間貿易交渉が控えており、「TPPプラス」もっと厳しい条件が日本農業に突きつけられるという。地方創生も家族農業もJAも崩壊しそうな動きである。日本の良いところをアメリカ資本に売り渡すような政府・官邸の姿勢が気になる。
 国会議員も、頼みの所管官庁も、人事権を行使され、発言は封じられる。良心的な官僚は左遷される実例が紹介された。日本の酪農が危ない。国産ミルク・牛肉・豚肉も安い外国産に代わりそう。自動車との交換条件にされる。これら一連の交渉が秘密裡で行われる。米国フロリダでのトランプ大統領と安倍首相のゴルフプレーに目を奪われている間に重大なことが進んで行く。
 規制改革会議(2016.11月)の農協改革案、牛乳改革案は、共同販売、共同購入を否定し農業協同組合そのものを否定する考え方である。「農協が悪い」と言いふらして農協をつぶそうとするものだ。アメリカの狙いは郵貯350兆円につぐ150兆円の農協貯金が目当てであることは想像がつく。政府・官邸が加担しての農協つぶしは、断固阻止しよう。食と農の暮らしを守ろう。日本人の良心を取り戻そう。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ