コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2017.03.02 
【コラム・消費者の目】機械に追いたてられて一覧へ

 我が家は夫婦そろってインターネット通販で買い物をするのが大好きです。本はほとんどインターネット通販で買っていますし、電化製品は家電量販店の店頭で現物を見てインターネット通販で注文します。取り寄せた服を試着して、気に入らなければ返品することもできます。梅干やりんごなどもネット通販で購入して食卓を豊かにしてくれています。おかげで、我が家には宅配便が1週間に1回は届いています。

◇   ◇

 インターネット通販を使う人が増え、宅配便の物量が増加したことに加え人手不足が重なって、荷物を届けてくれるドライバーさんは大変な思いをしているようです。予測以上のスピードで物量が増えたのかもしれません。今日、宅急便のヤマト運輸が荷物の取扱量を抑えることを検討しているとのニュースを耳にしました。私にも責任の一端があると思うと心が痛みます。

◇   ◇

 世の中が便利になりすぎて、人間が追いつけなくなっていると感じることが、自分自身にも起こっています。例えば、会社のメールがスマートフォンに転送されるようになったことで、出張先にパソコンを持っていかなくてもメールが読めるようになりました。一方で、仕事のメールが昼夜を問わず届くので、オンとオフの境目がわかりづらく、仕事に追い立てられている気がします。

◇   ◇

 また、メールを盗み読まれたり、ネット通販で勝手に買い物をされないように、頻繁にパスワードを変更しなくてはなりません。このパスワードが覚えられないのです。今日もメールを読むためのパスワードを忘れてしまって、右往左往したばかりです。何だか機械に追い立てられているような気持ちになってしまいました。私たちは本当に豊かな生活に向かっているのでしょうか。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ