コラム 詳細

コラム:読書の楽しみ

【浅野純次 / 石橋湛山記念財団理事】

2018.02.18 
【読書の楽しみ】第23回一覧へ

◎旗手啓介
『告白』
(講談社、1944円)

 四半世紀前、国連PKOへの協力で自衛隊と警察がカンボジアに派遣されます。南部の安全地帯にいた自衛隊とは対照的に、北西部のアンピルやフォンクーに駐在した9人の警察官にポル・ポト派と他派との内戦の危機が迫ってきました。
 文民警察として武器の保持は許されず丸腰でしたが、運命の93年5月4日、車列を襲撃されて高田晴行警部補が死亡、4人が重軽傷を負います。
 直前には国連ボランティアの中田厚仁さんが殺害され、いくら訴えても日本政府や国連代表からはゼロ回答ばかり。水や食糧の補給もままならぬ中、政治と国連の無責任さに翻弄された警官たちの無念さ、不信感が伝わってきます。しかも政府派遣の責任を逃れるため高田さんは正体不明の強盗団に殺されたことにされてしまう。
 警察官たちは帰国後も、発言も文書も禁じられ(いつも同じこと)封印されてしまいました。それが本書によってようやく明るみに出た意義は極めて大きなものがあります。
 襲撃に巻き込まれた外国の警察では本国でしっかりと報告書がまとめられているそうです。日本の無責任体制を知るためにも、多くの国民に読んでもらいたい、NHKによる第一級のドキュメンタリー報告です。 


◎三浦英之
『五色の旗』
(集英社文庫、756円) 

 開高健ノンフィクション賞を受賞した傑作が文庫化されたので推薦したいと思います。
 舞台は五族協和を旗印に満州に開校された建国大学。日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシアの各民族がともに学ぶ場として、徹底した教養主義のもと、学内では言論の自由、学習の自由が保障され、レーニンや毛沢東の書籍を読むこと、日本の植民地政策を批判することさえできたというのだから驚きです。
 しかし日本の敗戦によって卒業生たちは以後、数奇な運命をたどります。著者は、日本各地はもとより中国、台湾、朝鮮、カザフスタンを訪ね歩き、彼らの変わらぬ友情と戦後の波乱万丈の生き様を明らかにします。
 矛盾に満ちた五族協和でありながら、学生たちは卒業後も純粋にそれを追求しようとしました。読む者がそこに何を感じ取るか、深い余韻が残ります。
 誰もが芯が強く仲間を慮るのは、自立主義と教養主義、それと学生同士の徹底的な議論の賜物ではないか。今の高等教育にも参考にしたいところです。
 
 
◎吉村英夫
『ハリウッド「赤狩り」との闘い』
(大月書店、1944円)
 
 1947年ごろからアメリカで始まったマッカーシズムつまり赤狩りでハリウッドは大混乱に陥ります。多くの映画人が仕事を奪われ、仲間を売り、沈黙し、暗鬱な日々を送ったのでした。
 「ローマの休日とチャップリン」という副題がついた本書は、追われるようにアメリカを去り傑作「独裁者」を作ったチャップリンと「女相続人」「探偵物語」「黄昏」の巨匠ワイラーを主人公として赤狩りを描いていきます。
 次々に登場する映画人たちの言動や人物論は、映画好きにはたまらない面白さです。ゴシップ的なそれよりも脚本、演出、撮影、演技などを、赤狩りと映画人の苦悩とからませながら映画を深く理解する著者が描くのですから、面白くないはずがないのです。
 「ローマの休日」ではヘップバーンと脚本家のトランボの話がとりわけ興味津々でした。再度熟読してDVDを見直したら、場面やせりふの持つ深い意味に気づくことでしょう。

(読書の楽しみの最近の紹介書籍)
第22回 『悪だくみ』、『戦争調査会』ほか(18.01.21)
第21回 『戦争と農業』、『侵略する豚』ほか(17.12.13)
第20回 『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』ほか(17.11.16)
第19回 『知ってはいけない隠された日本支配の構図』ほか(17.10.10)
第18回 『日米開戦へのスパイ』、『ナチスの「手口」と緊急事態条項』ほか(17.09.24)
第17回 『脱 大日本主義』、『日本中枢の狂謀』ほか(17.08.12)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ