コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2018.04.16 
ボロボロの安倍政権一覧へ

 先週の11日に、国会で集中審議が行われた。だが、これは審議になっていない。議論にさえなっていない。こんな審議を続けているからといって、しかし、民主主義の殿堂である国会を、見放すわけにはいかない。日本の民主主義は、いま、深刻な危機にある。
 審議の議題は公文書の管理問題だというが、主な内容は、モリカケ問題であり、自衛隊の日報問題である。
 野党は政府を攻め立てるのだが、野党間の連携が充分でない。だから、ノラリクラリと逃げ回っている政府を追い詰められない。野党だけでなく、国民もイラ立っている。
 政府は、モリカケ問題や日報問題の真実が露見すると、よほど困るのだろう。だから、真実を隠蔽し、問題を公文書の管理問題にすり替え、矮小化し、はぐらかし、逃げ切ろうとしている。
 こんなことをしていたら、国民の政府に対する疑惑は、ますます深まるばかりである。

 国会の議論を聞いていると、それは議論になっていない。
 いったい、安倍晋三首相は、野党の質問の内容を理解できているのだろうか。言葉や概念や、それをつなぐ論理が分かっているか。そこからして疑問がある。それは、政治家としての資質への、深刻な疑問である。
 たぶん、それらは充分に分かっているのだろう。そうだとすれば、安倍首相は、真実が露呈されると、不都合な事態に陥ることを恐れているのだろう。そうとしか思えない。モリカケ問題や日報問題のなかに不都合な真実があるにちがいない。だから、それらの不都合な真実を隠そうとしているのだろう。
 政府のあちこちで、新しい疑惑が、つぎつぎと噴き出ている。首相は「ウミを出しきる」といっているが、ウミを出しきった後に、いったい何が残るのか。

 世論調査で、首相の「人柄が信頼できないから」政府を支持できない、とする回答が多いのは、首相の、この狡猾ともみえる隠蔽行為が原因だろう。ここに、首相の国民に対する誠意の欠落を、多くの国民は見てとっている。
 今朝、発表した世論調査(朝日)では、安倍首相を信用できないとする回答が、実に66%に達した。3人に2人という多さである。

 しかし、問題は、首相の政治家としての資質でもないし、人間としての誠実さの問題でもない。日本の民主主義の問題である。
 首相が「一点の曇りもない」というのなら、真実を隠すのではなく、すべての真実を国民の前で明らかにし、その上で、日本の政治の最高責任者らしく、真正面から堂々と議論すべきである。
 そうしないと、疑惑は深まり、いつまでも続く。そうして、安倍政権は体力をじわじわと落とし、ボロボロになってしまうだろう。

 今後、しばらくの間、外交日程を予定しているようだ。しかし、いまは外交などといって、海外へ行っているときではない。犯罪者のように、海外を逃げ回っているようにしか見えない。
 そうした不様な安倍政権は見たくない。真実を発表できないのなら、右往左往せずに、一刻も早く退陣すべきである。

 最後に、野党に聞きたい。
 野党に政権の受け皿があるか。それがなければ、国会論争は、政治ショーで終わり、実にならないアダ花になってしまう。
 野党は農業者や労働者や中小企業主に根を張った政権の受け皿を作ろうとしているか。いま衆議院を解散して、総選挙になってもいいか。
(2018.04.16)

(前回 「朕は法なり」に誘惑される安倍首相

(前々回 森友問題の中休み後の課題

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ