一品厳選 詳細

〔207〕はっさくゼリー一覧へ

〔207〕はっさくゼリー

  • 【JA尾道市(広島県)】

 はっさく(八朔)は1860年ころ、広島県因島田熊町にある「恵日山浄土寺」の境内で発見された品種である。因島には多くの種類の雑柑があったが、その理由として、気候が温暖で柑橘の生育に適するほか、東南アジアまで勢力を広げた村上水軍が、遠征先から苗木や果実を持ち帰ったといわれる。

ほろ苦さが売り

 

 文旦やザボンなどに近い雑柑で、ぷりっとした食感に、後口すっきりの甘さとほろ苦さが特徴。この因島のはっさくの風味を生かしたデザートで、冷蔵庫で冷やすとおいしく食べられる。1個145円、12個入りで1900円(いずれも税込)。

 

○問い合わせ先:因島はっさくゼリーセンター
○TEL:0120-839-041

 

(関連記事)
【第60回全国家の光大会】体験発表最優秀賞は飯國恵美子さん(JAしまね)、山本結貴さん(JA下関)(18.02.19)
第44回 さらなる発展・深化をとげる農産物直売所の理論ならびに実践報告(18.02.17)
人・組織・地域をつなぎ ともに創ろう豊かな未来 第59回全国家の光大会(17.02.28)
人・JA・地域 広げよう協同の輪 家の光大会(17.02.20)
第43回日本農業賞決まる 3月8日に表彰式(14.02.05)
JA尾道市(外部リンク)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ