人事・機構改革 詳細

2018.04.06 
【人事異動】民間出身の久間和生氏が理事長に 農研機構一覧へ

 農研機構は4月1日付で役員人事を行い、久間和生氏が初の民間出身理事長に就任。新理事にも民間企業出身者を起用した。

【就任】(4月1日付)( )内は担当、[ ]内は前職
▽理事長 久間和生[総合科学技術・イノベーション会議議員]
▽副理事長 中谷誠[法政大学生命科学部非常勤講師]
▽理事(戦略・評価担当) 勝田眞澄[農研機構北海道農業研究センター所長]
▽理事(総務担当) 波積大樹[農林水産省大臣官房付]
▽理事(産学官連携担当) 折戸文夫[三菱ケミカル(株)顧問]
▽理事(国際連携、知財・国際標準化、広報担当) 松田敦郎[住友化学(株)アニマルニュートリション事業部]
▽理事(研究管理担当) 村上ゆり子(再任)
▽理事(研究推進担当1) 寺島一男(再任)
▽理事(研究推進担当2) 門脇光一[農研機構生物機能利用研究部門長]
▽理事(研究推進担当3) 大谷敏郎(再任)
▽理事(研究推進担当4) 山本徳司[農研機構農村工学研究部門長]
▽理事(種苗管理担当) 更田真一郎[農林水産省生産局農産部穀物課首席生産専門官]

※山本徳司氏の「徳」の字は異体字です。

 

【退任】(3月31日付)
▽理事長 井邊時雄
▽副理事長 佐々木昭博
▽理事(戦略・評価担当) 長峰司
▽理事(総務担当) 長田朋二
▽理事(リスク管理担当) 前島宏敏
▽理事(連携担当) 塩谷和正
▽理事(研究推進担当2) 倉田のり
▽理事(研究推進担当4) 長谷部亮
▽理事(種苗管理担当) 新本英二

【久間理事長略歴】
(きゅうま かずお)
昭和24年10月22日生まれ。
昭和47年3月東京工業大学工学部電子工学科卒業、52年3月東京工業大学大学院博士課程電子物理工学専攻修了(工学博士)。52年4月三菱電機(株)入社・中央研究所勤務、平成10年同半導体事業本部人工網膜LSI事業推進プロジェクトマネージャー、14年同先端技術総合研究所システム技術部門長、15年同先端技術総合研究所長、18年同常務執行役開発本部長、20年同上席常務執行役開発本部長、22年同専務執行役半導体・デバイス事業本部長、23年同代表執行役副社長、24年同常任顧問、25年総合科学技術会議議員(常勤)、26年総合科学技術・イノベーション会議議員(常勤)(30年2月まで)、30年4月国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構理事長

 

(関連記事)
農業界・産業界にとって頼りになる農研機構に(18.04.06)
トウモロコシ不耕起栽培の普及へ 農研機構が冊子作成(18.04.04)
乾田直播技術マニュアルを改訂(18.04.02)
カラス対策など動画マニュアルで紹介 農研機構(18.03.19)
農研機構と北大が連携協定むすぶ(18.03.15)
初の包括連携協定締結へ 農研機構と茨城県(18.03.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ