金融・共済 ニュース詳細

2016.02.01 
第22回農業経営アドバイザー合格220人 総人数3500人超に 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫(以下、日本公庫)は1月29日、平成27年度後期(第22回)アドバイザー試験で220人が合格したことを公表した。これによって農業経営アドバイザーが総3500人を越えた。

 第22回同試験の受験者数は345人。合格したのは、税理士・公認会計士26人、地方銀行などの金融機関職員104人、農協職員41人、公庫職員15人、その他34人の計220人。合格率は63.8%だった。
 農業経営アドバイザーの総数は全国で3574人となった。うち、税理士・公認会計士は887人、金融機関職員1495人、農協職員465人、公庫職員254人、その他473人となっている。
 農業経営アドバイザー制度は、農業の特性を理解している専門家からアドバイスを受けたいという農業経営者の要望を受け、アドバイスできる人材を育成するために創設されたもの。
 次回の農業アドバイザー研修・試験(平成28年度前期・第23回)は、4月の募集、5月30日から6月3日に東京都内で研修・試験の実施を予定している。
 また合格者に対して行うスキルアップミーティングの全国ミーティングは10月中旬開催予定。

(関連記事)
大雪被害で 相談窓口設置 日本公庫 (16.01.28)

新たに10人 農業経営上級アドバイザー 日本公庫 (15.12.18)

純利益340億円-日本公庫中間期決算 (15.12.01)

松本信用金庫とCDS基本契約締結 日本公庫 (15.12.01)

上半期融資実績 新規就農者向け36億円 日本公庫 (15.11.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ