金融・共済 ニュース詳細

2016.12.20 
難民支援へ段ボール300箱 クリスマス・チャリティ 共栄火災一覧へ

 共栄火災海上保険(株)は12月19日、今年で24回目となる「クリスマス・チャリティ」を行った。西アフリカ・マリ共和国の難民キャンプへ同社社員の家庭で不要になった衣類などが贈られる。

雨や海の潮に濡れないようビニール袋と段ボール箱につめる。杉中社長も(写真右)。雨や海の潮に濡れないようビニール袋と段ボール箱につめる。杉中社長も(写真右)。雨や海の潮に濡れないようビニール袋と段ボール箱につめる。杉中社長も(写真右)。

 11月28日から12月19日までの間、全国の部支店から本社へ段ボール約300箱に及ぶ衣類、文房具、ぬいぐるみ、薬などがあつまった。同社社員は「誰かにプレゼントする気持ちで贈るよう伝えてある」と話す。
 最終日の同日、同社の杉中洋文社長をはじめ役員や社員約150人が仕分けや梱包を行った。同社長は「マリ共和国では是非、子どもたちの未来をつくってもらうためがんばってもらいたい」と話した。
 チャリティのきっかけは、社員の制服デザインが変わったこと。前の制服を廃棄せず社会貢献に役立てようとNGO団体「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通じて同国へ送ったことが始まり。当時から在籍する社員は「初めてチャリティをしたとき、マリ共和国から自分たちの着用した制服を着た笑顔の写真が届いた。それから継続して支援でき、とても嬉しい」と話す。
 段ボール箱の輸送費も社員の募金などでまかなう。
(写真)雨や海の潮に濡れないようビニール袋と段ボール箱につめる。杉中社長も(写真右)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ