金融・共済 ニュース詳細

2016.12.29 
「ながらスマホ禁止」を 交通安全ポスターから見る 子どもたちの目 JA共済一覧へ

 JA共済連はこのほど、交通安全ポスターコンクールの全国から応募作品から、小・中学生が交通安全をどうとらえているかまとめた。

「ながらスマホ禁止」を 交通安全ポスターから見る 子どもたちの目 JA共済 歩行中や運転中にスマートフォン(スマホ)を操作する「ながらスマホ」の禁止を呼びかけるポスターが4年連続で最も多く、21.8%を占めた。さらにこの作品のうち、訴求対象は「歩行者」が69.7%、「自転車」6.6%、「ドライバー」18.4%、その他だった。
 JA共済は、スマホ向けゲームアプリなどの使用マナーについて社会的に呼びかけが多かったことから、子どもたちも敏感に反応したのではと分析している。
 学年別にみると、小学低学年は「手をあげて渡ろう」など交通ルールを呼びかける作品が多く、小学中学年になると「ヘルメットの着用」をテーマにしたものが多かった。これは自転車に乗る機会が増え、学校での指導を受けたためとまとめている。
 小学高学年から中学2年生までは「ながらスマホ禁止」が最も多かったが、中学3年生はこれに加え、「飲酒運転禁止」を大人に訴えるもおも多かった。
 JA共済では、子どもたちの作品の傾向を「自分に注意されること」から「社会や周囲に注意喚起するもの」に変化していくことがわかるとしている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ