金融・共済 ニュース詳細

2017.02.13 
貸出拡充へ豪州に現地法人-農中一覧へ

 農林中央金庫は2月9日、オーストラリアとニュージーランドでプロジェクトファイナンス貸出などの拡充を目的に現地法人を設立したと発表した。

 オーストラリア会社法に基づく株式会社で社名は「Norinchukin Australia Pty Limited」。
 資本金5億円で農林中央金庫が100%出資した。所在地はオーストラリアのシドニー。2月8日に設立し今年8月1日からの営業開始を予定している。奧和登専務ほかが取締役に就任する。
 オーストラリアは人口が増加しインフラ整備需要も高まっており、国の財政規律も堅実なことから各種のプロジェクトファイナンス貸出が見込めるという。農林中央金庫は資産の積み上げによる収益基盤の拡大のため現地法人を設立した。当面は営業開始に向けて準備を進める。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ