金融・共済 ニュース詳細

2017.09.01 
Uターン者支援など概算要求―日本公庫一覧へ

日本政策金融公庫(日本公庫)は8月31日、平成30年度予算の概算要求書を財務省に提出した。概算要求は、融資・証券化支援業務が5兆2419億円、信用保険等業務が12兆5900億円、危機対応円滑化業務・特定事業等促進円滑化業務8345億円となっている。

 29年度当初計画に対して、融資・証券化支援業務は1311億円、信用保険等業務は4000億円のプラスで、危機対応円滑化業務・特定事業等促進円滑化業務はマイナス5713円だった。この中で国民一般向けの業務では、Uターン等によって地方で創業する人」の貸付利率の引き下げ、「新事業」活動促進資金の拡充などがある。
また、農林水産業者向け業務では、「農林水産業セーフティネット資金」の拡充、「スーパーL資金」の継続・拡充、利用間伐を推進する「林業基盤整備資金」の取扱期間の延長などがある。

(関連記事)


耕地面積2.5万ha減 447万1000ha-28年(16.10.26)


耕地利用率91.8% 前年並み-27年(16.08.31)


耕地面積449万6000ha-27年(15.10.28)


飼料用米の作付増加-作付延べ面積と耕地利用率(15.08.26)


耕地面積0.4%減 7月15日現在(14.11.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ