金融・共済 ニュース詳細

2017.09.28 
設備投資DIが過去最高値を更新一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は融資先の担い手農業者を対象に29年上半期農業景況調査を実施した。9月25日に結果を公表した。好況感は継続されている。

 農業全体の景況DIは12.0で過去最高だった28年の20.0から8ポイント低下した。
 販売単価の低下(販売単価DI:26.1→0.4)と生産コストの上昇(生産コストDI:▲19.1→▲20.9)を背景に収支、資金繰りが悪化し、その結果、景況DIが悪化したとみられる。
 ただ、景況DI、収支DI(10.0)、資金繰りDI(9.1)ともプラス値を維持していること、設備投資DIは28年の過去最高値(3.6)を更新し12.2まで上昇していることから、日本公庫では総じて好況感は続いているとしている。
 29年通年の景況DI見通しは天候不安から悪化する見込みとなった。通年見通しは28年の20.0より16.7ポイント低い3.3と悪化している。
 肉用牛は足元の販売単価の下落を受け景況DIは50.3から▲17.4へとマイナスに転じる見通しだ。稲作は天候不安から北海道で▲4.9から▲19.0へ、都府県で23.6から▲4.7へとマイナスの見込み。 上半期の雇用状況DIは28年の▲33.6とほぼ横ばいの▲34.6となった。他産業との競合などから深刻な労働力不足の状況が続いており、生産者からは設備投資による生産性向上を図り、労働力不足を補うとの声が多く聞かれたという。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ