金融・共済 ニュース詳細

2017.11.29 
こども共済がマザーズセレクション大賞受賞 JA共済連一覧へ

 JA共済連の「JAのこども共済」が、NPO法人日本マザーズ協会が主催する「2017年度 第9回 マザーズセレクション大賞」を受賞した。

 マザーズセレクション大賞は、NPO法人 日本マザーズ協会が、子育てママたちに対して「自分で使ってみて他のママにも推薦したい、便利で役に立つ商品・サービス・施設」をテーマに、複数回答可能なアンケート方式で自由に投票をし、最多得票の商品を選出(1分野から1商品のみ選出)するもので、 今回大賞を受賞した「JAのこども共済」は、子どもの教育資金と万一の保障を兼ね備えた共済仕組で、契約者ニーズにあわせて3種類の保障プランが用意されている。特に、今年4月から提供を開始した学資金型「学資応援隊」は、高い貯蓄性と保障のバランスの良さから好評を得ている。
今回で9回目を迎える。
 投票した人たちからは、

 ▽他の学資保険と比べてもトップクラスの返戻率だから。
 ▽「学資金型 大学プラン」の返戻率が高く、他のママにもオススメしたい。
 ▽出産前から加入できたので出産後も安心。皆さんにも早めに入ることをオススメします。
 ▽資料請求すると、アンパンマンのグッズが貰えて子どもも喜びました。

などの声が寄せられている。
 JAに際して、JA共済連の川村晃司普及部普及広報グループ課長は、次のようにコメントしている。
 「JA共済は『相互扶助』を事業活動の原点とし、全国約660JA、7400店舗で『ひと・いえ・くるまの総合保障』を提供しており、地域の皆さまの豊かな生活づくりへ貢献できるよう、日々活動しております。この度大賞をいただきましたJAのこども共済は、お子さまの未来を応援するため、必要な保障を確保しながら計画的に将来の教育資金が準備できる仕組みとして開発いたしました。これまでに約168万件のご契約をいただき、多くのお母様方からご好評をいただいております。
 この受賞を更なる励みとし、JA共済はこれからも多くの方々に「安心」と「満足」をお届けできるよう努めてまいります」。

 

(関連記事)
年金テーマにWebサイト開設 JA共済連(17.11.29)
組合間連携 賀川豊彦を「要」に(17.11.16)
俳優・佐藤二朗が介護を語る JA共済連が特設Webサイト開設(17.11.14)
インストラクター全国共済事務交流集会 JA共済連(17.10.17)
ペーパーレス化で事務負担軽減進む-JA共済(17.10.05)
組合員の労働災害へ対応 JA共済連が新たな保障制度(17.10.03)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ