金融・共済 ニュース詳細

2018.01.12 
新宮信用金庫とCDS 基本契約を締結一覧へ

・日本公庫農林水産事業

 日本政策金融公庫・農林水産事業は1月11日、新宮信用金庫(和歌山県・新宮市)と「CDSに関する基本契約」を同日付けで締結した。

 今回の締結により、同公庫農林水産事業がこれまで同契約を締結した金融機関は平成20年10月からの累計で124機関となる。同事業では、民間金融機関による農業分野への融資参入を支援するための信用補完スキームとして、CDS業務に取り組んでいる。同契約は、金融機関が農業者に融資した金額の一定割合を同公庫が信用補完することで、無担保・無保証の融資が可能になるなど、農業者のニーズに応える内容となっている。
 なお、CDSとは、クレジット・デフォルト・スワップの略で、補償手数料を支払うことで信用リスクのみを移転する取引のことをいう。

 

(関連記事)
仕入価格上昇で9割が経営悪化 飲食、食肉・食鳥販売業(17.12.30)
「協調融資さらに充実」日本政策金融公庫新総裁(17.12.26)
原料原産地表示、約9割が実施へ 日本公庫調査(17.12.05)
食品産業で「求人に応募なし」が9割近くに  日本公庫調べ(17.12.05)
帯広信金とCDS契約 日本公庫(17.11.22)
農林漁業融資2587億円に 日本公庫 29年上半期(17.11.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ