金融・共済 ニュース詳細

2018.01.31 
アジアのクレジットユニオンを論評 『農林中金』2月号一覧へ

 アジア諸国では「クレジットユニオン」と呼ばれる協同組合金融機関の設立が相次いでいる。各国とも一様ではないが、組合員の日常的な経済問題の解決を図っていることは共通している。農林中金総合研究所2月1日発行の『農林金融』2月号が、「アジアの農業・組合金融」で、タイと中国を中心に詳しく紹介している。

論者は同研究所・古江晋也主任研究員。
 タイについては、バンコクに本部を置くアジアクレジットユニオン連合会、タイのクレジットユニオン運動を担っている職域をベースにしたタイ貯蓄信用組合連合会、地域をベースとしたタイクレジットユニオン連合会の歴史的展開および現状などを紹介する。
 また中国に関しては、農業融資における信用補完手段として期待されている農地担保を取り上げ、現地調査を通じた地方行政や金融機関の取り組み状況を整理し、金融機関からみた農地担保金融が抱える課題をまとめた。論者は同研究所・王雷軒主事研究員。
 なお、同号はこのほか、同研究所・斉藤由里子常務が「JAの自己改革の特徴と課題―単位農協における農業振興を中心にー」のテーマで論じている。

 

(関連記事)
【意見交換】「系統の資本持合規制」見え隠れ(17.11.20)
【特集・JAトップ層鼎談】組合員とともに地域に根ざす(17.08.01)
「農協改革」への対抗軸1県1JA構想を考える(17.07.26)
【冨士重夫 JC総研代表理事理事長】JAの総合事業維持へ(17.04.25)
信用事業危機の元凶は農林水産省(17.03.01)
協同組織金融機関の独自性発揮を(04.06.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ