金融・共済 ニュース詳細

2018.02.08 
国産農産物の販路拡大を後押し アグリフードEXPO大阪一覧へ

・第11回アグリフードEXPO大阪2018開催へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は、国産農産物をテーマとした全国規模の展示商談会「第11回アグリフードEXPO大阪2018」を2月21日と22日の両日開催する。

賑わう前回会場の様子 アグリフードEXPOは「国産」にこだわり、広域に販路拡大をめざす農業者や食品加工業などとバイヤーをつなぎ、ビジネスマッチングの機会を提供する展示商談会。
毎年8月に東京、2月に大阪で開催される。今回11回目を迎える大阪開催では全国各地の稲作、野菜、果樹、畜産などの農業者や食品加工業者など493件が出展する。なお昨年は454件が出展、1万262名が詰めかけた。
 現在、国の施策において農林水産業を成長産業とするために「6次産業化」や農産物・食品の輸出を促進することが重点的な取り組みとして位置づけられている。日本公庫はこのアグリフードEXPOを通して、地域の農産物に付加価値をつけ、競争力を高めようと日夜励んでいる農業者や食品加工業者を応援する。
 会期中は、海外展開相談コーナーや復興支援コーナーの設置、個別商談会などが開催される。会場はATCアジア太平洋トレードセンターで入場無料。ただし、このアグリフードEXPOは業界関係者とのビジネスを目的とした商談会であるため、一般の人は入場できない。

(写真)賑わう会場の様子(前回開催)
 
【開催概要】
○日時:
・2月21日10時から17時
・2月22日10時から16時
○会場:ATCアジア太平洋トレードセンター(大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10)
○主なイベント:
・海外展開相談コーナーとその内容(JETROアドバイザーや大阪税関の職員による相談受付)
・個別商談会(日本の食材に関心をもつ海外12ヵ国からのバイヤー17社による商談会)
・東日本大震災および熊本地震「復興支援コーナー」(岩手・福島・熊本・大分の4県による特産品のPR)
・事前予約性による個別商談会
○来場申込方法:アグリフードEXPO大阪公式ホームページ)から招待状を入手して当日持参
○問い合わせ先:日本公庫広報部報道課
○電話:03-3270-1266

 

(関連記事)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
パックご飯は輸出目玉商品になるか?(18.02.06)
日本米は美味しいと中国で評判【馬場祥博・味千ホールディング事業発展総経理】(18.02.02)
【JA全農輸出対策部上野一彦部長に聞く】米の輸出は業務用がターゲット マーケットインで産地づくりを(18.01.31)
【現地レポート・JA土佐あき(高知県)】「一元集荷」と「共同計算」は農業振興策そのもの(後編)(18.01.05)
【農業と地域守り抜くJA自己改革着実に】姉妹3JAトップが意見交換(前半)(17.12.07)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ