金融・共済 ニュース詳細

2018.04.19 
全国目標8年連続達成をめざす JA共済全国普及推進進発式一覧へ

 JA共済連は、30年度のJA共済事業全国普及推進進発式を4月18日、東京・平河町のJA共済ビルで開催した。全国47都道府県本部の本部長をはじめ、副本部長や普及部長、普及推進を担当する職員、全国本部の職員ら約500名が参加した。

進発式で挨拶に立つ市村JA共済連会長 JA共済の29年度の普及推進結果(全国目標)は、推進総合目標を7年連続で達成。さらに全地区目標も2年連続で達成した。
 市村幸太郎経営管理委員会会長は、進発式の開会あいさつで「29年度の普及推進結果は、JA役職員、本部長をはじめとした連合会職員の尽力の賜物であり、心より感謝と敬意を表します」とその努力を讃えた。

 
 そして、JA共済を取り巻く経営状況は大変に厳しいとの認識を示しながらも、30年度については「JA共済3ヵ年計画」の最終年度であり、各種の目標達成に向けて総力をあげて取り組んでほしいと述べ、そのためには、(1)世帯内深耕と次世代層との接点強化、(2)ヒト保障を軸とした商品の強化、(3)満期契約の保障継続と次世代への資産継承などを着実に進めることが大事だとした。

 
ガンバロー三唱で意気上がるJA共済連都道府県本部の職員 その後、山田康弘常務理事が30年度の目標を披露。鏡開きの後、西一司副会長の音頭で乾杯し、懇談会となった。そして全国6地区の代表から、「目標達成に向けて全力をあげる」との決意表明があった。特に大阪府の飯田副本部長によるユーモアを交えながらの決意発表は場内を笑いの渦に包み、進発式の勢いを盛り上げた。
 さらに、鹿嶋伸行山口県本部長の音頭による全員での「ガンバロー三唱」の後、小崎憲一副会長が閉会の挨拶に立ち、8年連続で推進総合目標(全国目標)を達成し、来年もまたここで再会すること約して散会した。

 

(写真をクリックすると大きな写真が表示されます)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ