金融・共済 ニュース詳細

2018.07.12 
平成30年7月豪雨で特別相談窓口を設置 日本公庫一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は今回の「平成30年7月豪雨」で被害を受けた中小企業や小規模事業者、農林漁業者などを対象に「特別相談窓口」を設置し、災害復旧に向けた貸し付けなどの取り扱いを開始した。

 中小企業や小規模事業者向けの相談窓口を設置したのは高知、岐阜、京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、愛媛の8府県。また農林漁業者など向けの窓口は、本店と上記8府県に加えて、北海道、滋賀、大阪、山口、徳島、佐賀、鹿児島の7道府県に設置、すでに相談業務を開始している。

日本公庫による農林漁業者向け融資制度

 

(関連記事)
豪雨被害 政府備蓄米の支援も準備(18.07.11)
水田域の豪雨被害リスクの評価手法を開発 農研機構(18.07.11)
ため池決壊7か所 1名死亡-西日本の豪雨(18.07.09)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ