米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.03.08 
輸入小麦 売渡価格4.6%上げ一覧へ

29年4月期

 農林水産省は3月7日、4月からの輸入小麦の政府売渡価格の改定を発表した。昨年10月から今年3月末までの価格より4.6%引き上げる。

 5銘柄の加重平均価格で5万690円となる。昨年10月の改定では1t4万8470円とした。
 世界全体の小麦の生産量は7億4800万t(2016/17)で前年比1.7%増加した。期末在庫率は33.6%で世界的に潤沢な在庫と供給量を背景に小麦相場は全体として軟調に推移している。
 しかし、主にパン用に使用されるハード系小麦のカナダ産ウェスタン・レッド・スプリングはタンパク質が低めで1等が少なかったことから、価格が昨年10月期の算定価格よりも上昇した。
 また、為替が円安で推移し、燃油価格の上昇で海上運賃も上昇したことから価格の引き上げとなった。
 外国産小麦の輸入数量は511万t。5銘柄の内訳はハード・セミハード系でカナダ産ウェスタン・レッド・スプリング122万t、アメリカ産ダーク・ノーザン・スプリング(パン・中華麺用)115万t、アメリカ産ハード・レッド・ウィンター(同)85万t、ソフト系でオーストラリア産スタンダード・ホワイト(うどん、ビスケット、和菓子用など)81万t、アメリカ産ウェスタン・ホワイト(カステラ、ケーキ、天ぷら粉用など)75万tとなっている。
 種類別にはハード・セミハード系小麦の政府売渡価格は+9.2%の1t5万2710円、ソフト系は▲5.2%の同4万6390円となる。
 政府売渡の輸入小麦価格は27年10月から3期連続で引き下げをしており、今回引き上げても1年前の4月-10月の同5万2610円より低い水準となる。農水省は今回の価格引き上げが消費者物価指数に与える影響は、パンや麺などに占める原料小麦代金割合はそれほど大きくないため、+0.003%程度としている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ