米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.04.20 
福井県新品種「いちほまれ」 倒伏強くコシ以上の収量一覧へ

 福井県は4月19日、6年かけて開発した「ポストこしひかり」の新品種「いちほまれ」を都内で発表した。草丈がコシヒカリより低いため倒伏に強く、いもち病の抵抗性遺伝子を保有しているため農薬を減らした栽培が可能だとしている。

新品種名「いちほまれ」と福井県のライスレディ 「いちほまれ」の名は10万件を超える応募の中から「日本一、世界一の米で福井のプライド」の意味から選ばれた。西川知事は「魚沼産コシヒカリを凌駕する米になってほしい」と期待を込めた。9月に収穫を迎え、首都圏などでの店頭販売を始める予定。
 特別栽培米で農薬、化学肥料を(1)使わない、(2)5割以上削減、(3)エコ栽培米で農薬、化学肥料が2割以上削減の3種を生産する。生産者は、出荷基準の検査等級が毎年高く安定し、低タンパクのコシヒカリを集荷する生産者を選抜し、認定。
 福井県ではまだほとんどGAP(農業生産工程管理出荷基準)の実績はないが、現在、国際水準のGAP導入に向けてJA福井県中央会と体制づくりなどの話し合いの場を設けたりしている。福井県の西川一誠知事は「オリンピック、パラリンピックにもつなげていきたい」と話す。
 コシヒカリより出穂、成熟が1週間ほど遅い。収量はコシヒカリ100に対して103の微増。炊いた米は大粒で、(一財)日本穀物検定協会の食味官能評価ではコシヒカリ0.55より0.15ポイント高い0.70だった。
(写真)新品種名「いちほまれ」と福井県のライスレディ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ