米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.06.01 
輸入小麦 SBS枠を新設-農水省一覧へ

 農林水産省は輸入小麦のSBS(売買同時入札)方式について一部運用を改善すると5月26日に公表した。製粉企業などが実需者ニーズに合わせて原料小麦を輸入できるようすべての銘柄を対象にしたSBS方式を導入する。

 小麦は国家貿易のもと国内需要の約9割を輸入している(27年約520万t)。輸入麦のほとんどは国が代表的銘柄(主要5銘柄※)を輸入商社から一括して買い付け、国内の製粉企業に売り渡す一般輸入方式で輸入している。
 そのほかスパゲティやマカロニ用途のデュラム小麦など特定銘柄については輸入商社と製粉企業が結びついて行うSBS方式も行われている。
 今回の運用改善はこのSBS方式について、すべての銘柄を対象にしたSBS方式を導入するもの。昨年末に決定した農業競争力強化プログラムで加工業の競争力強化が課題となったことをふまえた。
 小麦の輸入はバラ積みの本船輸入と、20t程度の少量のコンテナ輸入で行われているが、新たに設けるSBS方式は本船・コンテナ輸入とも認める。農水省によれば主要5銘柄に限らず少量でも特徴ある小麦の輸入など、食品業界のニーズに製粉企業が応えることが可能になるという。新設する枠は年間20万t、これでSBS輸入は最大で年間50万tまで可能となる。第1回の入札は10月に行われる予定。
※主要5銘柄:米国産ダーク・ノーザン・スプリング、カナダ産ウェスタン・レッド・スプリング、米国産ハード・レッド・ウィンター、豪州産スタンダード・ホワイト、米国産ウェスタン・ホワイト

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ