米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.06.08 
TV「カンブリア宮殿」で有機質資材「米の精」を紹介 東都生協・東洋ライス一覧へ

 6月8日(木曜)夜放送予定のテレビ東京系情報番組「カンブリア宮殿」で、東洋ライス(株)の無洗米事業などが取り上げられる。番組の中で同社が供給する「米の精」を、東都生協の産地で利用する取り組みも紹介される。

 TV「カンブリア宮殿」で有機質資材「米の精」を紹介 東都生協・東洋ライスTV「カンブリア宮殿」で有機質資材「米の精」を紹介 東都生協・東洋ライス「米の精」は、東洋ライスが開発した金芽米(無洗米)の精米工程で、除去される肌ヌカを加工した有機質資材だ。
 東都生協の産直産地では、「米の精」を青果物の肥料や畜産飼料として活用している。これを有効利用した農産物を、東都生協では循環型農業を実現する「米の精ブランド」商品と名付け、組合員に供給している。
 東洋ライス(株)は、東都生協が取り扱う米の取引先だ。2016年度は、各種銘柄の無洗米と、金芽米(無洗米)を中心に27品目の取引があり、供給高は4億6000万円となっている。また、商品名に「米の精」がついた商品は、現時点で7品目、取り組み産地は10産地となっており、今後さらに広がる予定だ。
 「カンブリア宮殿」の放送は、6月8日夜10時から約1時間。テレビ東京系列で放送される。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ