米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.06.12 
第45回総代会開催 全国農協CE協一覧へ

 全国農協カントリーエレベーター協議会は6月8日、東京・大手町のJAビルにおいて、第45回総代会を開催、1号議案平成28年度事業報告及び収支決算、2号議案平成29年度事業計画及び収支予算を、原案通り承認した。

挨拶する御子柴茂樹会長 総代会の開催にあたり御子柴茂樹会長は「全国農協カントリーエレベーター協議会は、昭和49年に設立され、現在39道府県、262農協、753施設という大きな組織となっている。しかし施設の老朽化やオペレーター育成の問題等を抱えており、そうした現状を国・農水省に訴えていく。農水省も我々協議会にとって、元気が出るような施策を打ち出してもらいたい」と挨拶した。
 農水省穀物課 美保雄一郎課長補佐、(公財)農業倉庫基金 長瀬仁人理事長の来賓挨拶に続き、議長にJA会津よつばの長谷川正市代表理事専務を選任し、議事を進行した。
 報告事項としては、(1)米穀情勢について、(2)カントリーエレベーターに係る要請について、が報告・説明され、議事にかかる1号議案、2号議案とも原案通り承認された。
(写真)挨拶する御子柴茂樹会長

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ