米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.08.28 
1等比率54.1% 過去5年で最低-29年産米一覧へ

 農林水産省は8月25日、29年産米で初めてとなる7月31日現在の検査結果を公表した。1等比率は過去5年で最低となっている。

 7月31日現在の29年産米の検査は、三重県、徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県で行われている。検査数量は水稲うるち玄米で1万3300t、水稲もち玄米は1tとなっている。


 水稲うるち玄米の1等比率は54.1%となった。2等以下に格付けされたおもな理由は着色粒(カメムシ類)が圧倒に多く75.2%を占め、次いで整粒不足9.7%、充実度8.4%となった。


 過去の7月31日現在の1等比率は、28年産=60.8%(最終83.4%)、27年産=67.0%(同82.5%)、26年産=77.0%(同81.4%)、25年産=64.7%(同79.0%)となっている。

(関連記事)

28年産1等比率 83.7%-28年11月末現在(17.01.06)


27年産1等比率 82.4%-3月末(16.04.26)


1等米比率は81.2% 26年産米検査結果(15.04.21)


25年産米 1等比率79% 3月31日現在(14.04.23)


24年産米一等比率78.3%(25年3月末現在)(13.04.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ