米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.09.04 
肥飼料「米の精」提供で基本協定締結 東洋ライス・東都生協一覧へ

 東都生協と東洋ライス(株)は、9月1日、都内で、コメの肌ヌカを活かした有機質肥飼料「米の精」の安定供給に向けた基本協定を締結した。

基本協定調印式で、東都生協庭野理事長(左)、東洋ライス雑賀社長 「米の精」は、東洋ライスが開発したBG無洗米機を使用して米を無洗米加工する際に、取り除かれる副産物の肌ヌカを、粒状に再加工した有機質肥飼料だ。
 東都生協は、契約産地の生産者に「米の精」を提供してきたが、ボカシ肥料として「米の精」を使用すると、土壌活性化効果が顕著であり、畜産飼料として混入給飼すると、生育に優れた効果があることが、生産者間の口コミで広がり、近年品薄状態が続いていた。
 この「米の精」を東都生協は、さらに多くの契約産地の生産者に安定供給するために、東洋ライスと基本協定を締結したものだ。
 「米の精」の原料となる肌ヌカは、通常の精白米1kgから15g程度しか取れないため、東都生協は東洋ライスが無洗米加工する金芽米、金芽ロウカット玄米の販売に協力し、「米の精」の安定供給に繋げていく。
 東都生協は「米の精」を活用することで、地球環境保全と有機資源の活用による循環型農業の実現、を目指していく方針だ。
 東都生協は2016年度に金芽米、金芽ロウカット玄米、BG無洗米を2.203トン販売し、その副産物である「米の精」の供給を782トン受けている。基本協定では、金芽米等の販売量、「米の精」の供給量についての数値目標は定めず、年に1回、両者レビューによって翌年の取組みを決める。
 東都生協が取り扱っている「米の精」ブランドは、にんじん、玉ネギなど10産地7品目だが、今後は良食味青果物をさらに拡大していく。また「米の精」を飼料とした畜産物も、同ブランドとして登場する。

(写真)基本協定調印式で、左から東都生協庭野理事長、東洋ライス雑賀社長

(関連記事)


世界最高米ディナーを 東洋ライス(17.08.10)


TV「カンブリア宮殿」で有機質資材「米の精」を紹介 東都生協・東洋ライス(17.06.08)


ほぼ前年同期並みで売上高は81億9700万円 東洋ライス3月期決算(17.06.05)


JAしまね 金芽米で健康増進へ 東洋ライスと業務提携(17.04.20)


「知財戦略フォーラム」で雑賀慶二氏が講演 東洋ライス(17.02.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ