米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.09.26 
米の1等比率 68.4%に-29年産米8月末一覧へ

 農林水産省は9月25日、29年産米の検査結果(8月31日現在)を公表した。

 1等比率は68.4%だった。7月末検査の54.1%からは上昇した。ただ、同時期の1等比率は28年産=74.9%、27年産=72.9%、26年産=76.6%、25年産=74.0%で過去5年でもっとも低い。
 2等以下に格付けされた理由は「着色粒(カメムシ類)」41.2%、「心白及び腹白」28.9%、「充実度」10.9%、「整粒不足」10.8%となっている。
 検査数量は24万3500tで7月31日現在より23万t増加した。これは28年産の検査数量458万tの5.3%にあたる。

(関連記事)

【米生産・流通最前線2017】木徳神糧(株) 三澤専務に聞く 29年産米の概算金と流通(17.09.22)

【本紙緊急米調査・全国主要219JA】天候不順も収量は平年並み 未熟粒など品質低下を懸念(17.09.20)

米の8月相対取引価格 横ばい(17.09.13)

コメの輸出 10万t目標-農水省(17.09.11)

農業法人の米直接販売43%-農水省調査(17.09.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ