米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.10.16 
酒造好適米の30年産需要量 9.5万~9.7万t一覧へ

28年産比▲10%

 農林水産省は「米に関するマンスリーレポート10月号」で平成30年産の酒造好適米の需要量調査に基づく需給見通しを公表している。需要に応じた生産を行うためには29年産と同様に28年産生産量の10%減となる9万5000~7000tにすることが必要との見通しを示している。

 農林水産省は昨年に続き7月に需要量調査を実施した。調査対象メーカー数は1442社で811社が回答した。
 この調査による29年産酒造好適米の需要量は28年産より約2000t減少する8万tとなっている。28年産で購入希望数量以上に購入した分の在庫調整のためと見込まれている。また30年産の需要量は29年産から微増し8万1000tの見込みとなっている。
 酒造メーカーからの回答で主な銘柄の需要動向をみると「山田錦」は3万2500t程度でおおむね安定して推移しているという。産地ごとの需要量は平成28年産の需要量を基準として平成30年産と比較すると、滋賀、兵庫、山口県産の需要は増加するが、岡山県産の需要は減少する結果となった。
 「五百万石」の需要量は29年産見込みは1万7000t台だが、30年産は1万8000t台へとやや持ち直すと見込まれている。産地ごとの需要量は福島県と主産地以外の需要が増加するものの、新潟県をはじめとする主産地の需要は減少するという結果となった。

酒造好適米の全体需給状況見通し(推計)

 こうした調査結果と農産物検査数量、関係者からの聞き取りによって、平成30年産で需要に応じた生産を行うためには9万5000~9万7000t程度の生産とすることが必要だとしている。29年産と同様に28年産比で▲10%程度の生産となる。
 酒造好適米は、米の使用量が多い特定名称酒が増え、生産量が増加傾向にある。海外でも日本食ブームを背景に日本酒の輸出量は近年増えている。
 こうしたなか、農林水産省は作付けにあたっては全体需給見通しに加え、各産地でのこれまでの販売状況などもふまえて、需要に応じた生産を行う必要があるとしている。また、より的確な需要に応じた生産に資するためには、生産者と需要者で播種前契約や複数年契約の取り組みも拡大することが重要だと強調している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ