米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.11.22 
29年産小麦収穫量14%増一覧へ

 農水省は平成29年産4麦の収穫量を11月21日公表した。全国の子実用4麦(小麦、二条大麦、六条大麦およびはだか麦)の収穫量は108万7000tで、前年産に比べ12万6000t(13%)増えた。

 内訳は小麦が90万4900tの収穫量で、前年産に比べて11万4000t(14%)増えた。おおむね天候に恵まれ、生育が順調で登熟も良好だったため、10a当たり収量が前年産に比べ15%上回った。
 二条大麦は11万80000tの収穫量で、前年産より1万1200t(10%)増えた。おおむね天候に恵まれ、生育が順調で登熟も良好だったこと等から、10a当たり収量が前年産より10%上回った。
 六条大麦は5万1200㌧の収穫量で、前年産より2400t(4%)の減。北陸地域の降雨の影響で10a収量が前年産より4%下回った。
 はだか麦は収穫量1万2700t(27%)前年産を上回った。おおむね天候に恵まれ、生育が順調で、登熟も良好だったため、10a収量が前年産を28%上回った。

(関連記事)
30年産の価格が分かる「コメ先物市場」(17.11.06)
【JAふくしま未来】震災を乗り越え、農業を続ける想いを実現(前編)(17.10.27)
輸入小麦 政府売渡価格3.6%値上げ-10月から(17.09.07)
【2017年 JAの米実態調査から】第1回 地域で異なる主食米作付(17.09.01)
気温上昇が収量増に影響 トウモロコシは1.8度、米・麦が3.2度以上(17.08.30)
超強力小麦「ゆめちから」で大臣賞(17.08.22)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ