米・麦・大豆 ニュース詳細

2017.12.05 
29年産米の集荷数量前年比24万t減-10月末一覧へ

 農林水産省は11月30日、29年産米の10月末契約・販売状況などを公表した。

 10月末の集荷数量は188万5000tで前年(28年産)同月比で▲24万1000tとなっている。契約数量は165万1000tで同+7万7000t、販売数量は29万2000tで同▲2000tなっている。
 民間在庫は出荷段階で235万t、対前年差で▲26万tとなっている。出荷段階は、全農、道県経済連、県単一農協、道県出荷団体(年間玄米仕入れ量4000t以上)、出荷業者(年間玄米仕入れ量500以上)の在庫合計。
 販売段階は52万t、対前年差で▲1万tとなっている。販売段階は、年間の玄米仕入れ量が4000t以上の米穀販売事業者の在庫合計となっている。事前契約数量は138万1000tとだった。

 

(関連記事)
農家1戸あたり米在庫量316kg-6月末(17.12.05)
米の需給 不安感解消を-全米販が農相要請(17.12.05)
29年産米の集荷数量前年比24万t減-10月末(17.12.05)
酒造好適米の30年産需要量 9.5万~9.7万t(17.10.16)
3年連続で過剰作付け解消-29年産米(17.10.02)
【米生産・流通最前線2017】木徳神糧(株) 三澤専務に聞く 29年産米の概算金と流通(17.09.22)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ