米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.02.08 
コーポレートスローガンに「人も自然もすこやかに」 東洋ライス一覧へ

 東洋ライス(株)は1月31日、中央区銀座の東洋ライスビルにおいて、新たに制定したコーポレートスローガン「人も自然もすこやかに」をはじめ、学会発表、シンガポールにおける「金芽ロウカット玄米」の普及状況など、重要な近況について、記者発表した。

記者発表会で説明する雑賀慶二・東洋ライス(株)社長 東洋ライス(株)は、旧(株)東洋精米機製作所と旧トーヨーライス(株)が合併し、「米に関する総合メーカー」をコーポレートスローガンとして、平成25年3月1日に発足した。
 同社が開発した無洗米の「金芽米」・「金芽ロウカット玄米」は、コメが本来持っている薬食同源の効能を現代に甦らせただけでなく、水質環境を汚染する研ぎ汁を排出せず、良食味で炊飯しやすいことが特長だ。
 優れた健康機能を持つこの二つのコメ商品を普及させることで、同社は日本の"国難"ともいえる医療問題への取り組みを本格化させていく。そのため、新たなコーポレートスローガン「人も自然もすこやかに」を掲げ、医療費削減に注力していくことにした。

(写真)記者発表会で説明する雑賀慶二社長

 
 名古屋経済大学人間生活科学部管理栄養学科の研究チームにより、「金芽ロウカット玄米(脱ロウ玄米)」の継続摂取による「認知症予防の可能性」について、中間報告されていたが、平成29年11月、アルゼンチン・ブェノスアイレスで開催された「第21回国際栄養学会」において、最終報告が発表された。
 それによると、認知機能・免疫機能の改善向上については、糠があるコメと無いコメの摂取では、重大な差異のあることが判明、ロウカット玄米は高齢者の認知症改善及び健康増進に有効であることが証明された。
 昨年4月、「金芽ロウカット玄米」の海外向け商品「Kinmemai Better Brown」が、シンガポール政府(健康促進局)により、安全で健康に良い食品であるとして、「Healthier Choice Symbol」(以下ヘルシアチョイス)に認定されたことを受け、同社はシンガポールにおける同商品の販売強化に取り組んできた。
 昨年は日系スーパー10店舗に加え、ローカルスーパーの「Cold Storage」24店舗での販売がスタートした。シンガポールの著名産院「Tomson Medical」の入院食及び産後ケータリングサービスでの採用や、シンガポール国立料理学校「Asian Culinary Institute」での取り扱いも始まった。
 今年に入り、金芽ロウカット玄米は「Cold Storage」と勢力を二分する「Fair Price」28店舗の採用が決まり、日系スーパー1店舗、オンライン2店舗を加え、取扱い店舗は計67店舗に急拡大した。
 これでシンガポール国内での流通網を概ね掌握したことになり、同国での販売量は大きく伸びるものと、今後の展開が注目されている。

 

(関連記事)
酒造好適米 29年産は前年比4%減の見込み(18.02.07)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
日本米は美味しいと中国で評判【馬場祥博・味千ホールディング事業発展総経理】(18.02.02)
1等米比率83.4% 28年産米の検査結果確定(18.02.01)
日本農業に警鐘「日本のお米が消える」(18.01.31)
【JA全農輸出対策部上野一彦部長に聞く】米の輸出は業務用がターゲット マーケットインで産地づくりを(18.01.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ