米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.03.14 
29年産米相対取引価格 前年比110%-2月一覧へ

 農林水産省は3月13日、2月の29年産米相対取引価格と数量を公表した。

 全銘柄平均の相対取引価格は60kg1万5729円で前月比101%となった。前年は同1万4319円で対前年比では110%となっている。
 銘柄ごとの前月との価格差は97%から107%となっており、多くの銘柄の価格は横ばいだが、一部銘柄で価格の引き下げ、引き上げがみられる。
 取引数量は全銘柄合計で18万8000t。前月にくらべて69%と少ない。また、対前年比でも68%となっている。

 

(関連記事)
商社や大手卸業者 コメの事前契約で囲い込み(18.03.09)
業務用向け販売割合39%-農水省調査(18.03.08)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
主食用米増産に走る千葉県(18.01.16)
農業総産出額 16年ぶり9兆円超す-28年(17.12.29)
29年産米価格 前年比108%(17.12.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ