米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.03.29 
備蓄米の入札 低調続く -第4回は落札1400t-一覧へ

 30年産備蓄米の政府買入入札は低調な取引きが続いている。
 3月27日には第4回入札が実施されたが、提示数量8万4000tに対して入札数量は1471t、落札数量は1431tにとどまった。農水省は第5回入札を4月24日に実施する。

 30年産の買入予定数量は20万t。第4回までに11万7000tが落札したが、落札数量は第3回2400t、第4回1400tと減少している。買入対象産地のうち、これまでに予定数量(特別枠)どおり入札・落札したのは青森、宮城、山形、福島、栃木、富山、石川、福井、埼玉など、32県中18県となっている。買入予定数量の多い産地のうち、岩手は約3000t、秋田は約6000t、新潟も約3000tの枠を残した。米価上昇で備蓄米入札には消極的だ。

 

(関連記事)
【レポート・30年産に向けて米産地は今】水田フル活用し豊富な米の品揃え JAえちご上越(新潟県)(18.03.22)
主食用作付け 36県が前年並み-農水省調査(18.03.07)
政府備蓄米11万t落札 買入れ予定は20万t(18.02.15)
備蓄米の政府買入れ 入札低調-30年産第1回(18.01.29)
米の需給 不安感解消を-全米販が農相要請(17.12.05)
3年連続で過剰作付け解消-29年産米(17.10.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ