米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.05.07 
29年産米集荷数量 前年比17万t減-3月末一覧へ

 農林水産省は4月27日、3月末現在の29年産米契約・販売状況と民間在庫の推移を公表した。

 全国の集荷数量は284万tで前年同月比▲6%、約17万トン少ない。
 契約率は88%で249万t。同▲5%となっている。このうち販売数量は133万tで同▲3%。契約数量に対する販売比率は47%となっている。
 民間在庫は全国段階で234万tで前年比▲14万t。在庫のうち出荷段階が186万t、販売段階が48万tとなっている。

 

(関連記事)
コメ播種前契約 価格決定は「契約締結時」57%-農水省調査(18.04.10)
【レポート・30年産に向けて米産地は今】水田フル活用し豊富な米の品揃え JAえちご上越(新潟県)(18.03.22)
29年産米集荷数量 前年比20万t減-11月末現在(17.12.28)
29年産米 事前契約134万t(17.10.30)
28年産米の全国集荷数量305万t(17.08.03)
複数年契約38.3万t増加-28年産(17.02.14)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ