米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.06.27 
米の在庫 販売段階では前年比増-5月末一覧へ

 5月末現在の全国の集荷数量は287万tで前年比▲17.4万t(▲6%)、契約数量は267万tで同▲16.3万t(▲6%)、販売数量は178万tで同▲6.4万t(▲3%)となった。

 民間在庫は出荷+販売段階で167万t。前年同月比で▲10万tとなっている。出荷段階の在庫をみると今年1月末から5月末までの対前年比は▲21万t→▲18万t→▲14万t→▲13万t→▲12万tとなっており、在庫減少ペースが鈍ってきている。一方、販売段階の在庫は同時期に+3万t→±0万t→+1万t→+2万t→+2万tと前年比プラスで推移している。販売数量も前年比減となっており、需要量の減少が懸念されることから動向を注視していく必要がある。

 

(関連記事)
米の在庫 減少ペースに鈍化の兆し(18.06.06)
米の民間在庫 前年比▲11万tの201万t-4月末(18.05.30)
主食米の9割直販へ【山本貞郎・JA全農米穀部長】(18.05.30)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ