米・麦・大豆 特集詳細

特集:農業倉庫火災盗難防止月間2016

2016.11.18 
農業倉庫火災盗難予防月間にあたって (公財)農業倉庫基金理事長・長瀬仁人一覧へ

公益財団法人 農業倉庫基金 理事長 長瀬 仁人

公益財団法人 農業倉庫基金 理事長  長瀬 仁人 平素、当基金の事業にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。
 また、地震や台風等の自然災害により被害を受けられた地域の皆さまには心からお見舞い申し上げます。
 当基金の火災事故補償は、皆様の努力のおかげで少なくはなっていますが、27年度においてもカントリーエレベーターとライスセンターで2件発生しました。乾燥作業には常に火災発生のリスクが伴うため、自己流や前任者からの口頭引継ぎに頼らず、取扱説明書等にもとづいて正しく運転し、運転中にも「見る・聴く・触る・嗅ぐ」等の人間の感覚を十分働かせて、異常を見逃さない心構えが必要です。
 さて、今年も当基金は、火災盗難事故を未然に防止し保管管理の万全を期すため、「農業倉庫火災盗難予防月間(平成28年11月15日~平成29年1月31日)を設け、全農と連携して防災防犯の徹底を図る運動を展開してまいります。
 この予防月間においては、JA役職員の行動基準など防災体制を確立したうえで、火災・盗難事故防止に重点をおいた点検を実施していただき、必要な対策の実行をお願いします。
 特に農業倉庫では、放火の心配もあるので倉庫周辺に燃えやすいものを放置しないこと、不在時には倉庫や敷地出入口は必ず施錠するとともに、保管米の品質管理(温湿度管理等)のために毎日の倉庫見回りを励行する必要があります。また、乾燥作業等により火災発生リスクを伴うカントリーエレベーターやライスセンターでは、バーナーなど機械設備を点検・整備し、清掃を徹底することが必要です。
 このような取り組みは、日常的に実施されていることとは思いますが、改めて予防月間において実施すべき事項を確認し、役職員が一体となって生産者が丹精をこめた米麦の保管管理に万全を期していただきたいと思います。

(農業倉庫火災盗難防止月間2016:関連記事)

火災盗難予防対策の確認を JA全農米穀部

農業倉庫火災盗難予防月間の取り組みについて

農業倉庫火災盗難事故防止対策

農家のために「当たり前のことを当たり前に」【現地ルポ】JAたじま (兵庫県)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ