米・麦・大豆 特集詳細

特集:農業倉庫火災盗難防止月間2016

2016.11.18 
農家のために「当たり前のことを当たり前に」(下)【現地ルポ】JAたじま (兵庫県)一覧へ

農業倉庫火災盗難予防月間スタート (平成28年11月15日~平成29年1月31日)

◆営農指導は40以上の暦に基づいて

19ある米区分。誰にでも分かるよう大きな札が そして、水稲の栽培暦は同じブランドでも地区の条件に合わせて作成されているので「全部で40以上あります」という。営農指導員は、どのブランドのどこの地区かをきちんと確認して、相談・指導をしなければいけないということだ。
 一般的には「コウノトリ育むお米」(作付面積400㌶)がよく知られているが、「つちかおり米」は、30年以上にもわたってコープこうべと取り組みが継続されている契約栽培米で、「但馬地域の環境創造型農業の礎を築くうえで重要な役割を果たしてきた」。
 また、「ふるさと但馬米」は、生産者・米卸・全農・JAが連携し、生産・流通・販売が一体となった取り組みで、但馬地域でもっとも大きな生産者組織となっている。
 あるいは「みかた棚田米」は、美しい棚田風景が残る美方郡で取り組まれている米で、「きれいな水」「古き良き農村風景」「棚田」の環境条件をイメージできる商品づくりをすることで、地域の活性化と生産者の手取り向上をさせることを目的に取り組まれている。
 さらに特別栽培米「フクノハナ」は、全国でも管内の出石地区でしか生産されていない酒造好適米で、金沢の酒造会社がすべて買い取っているという。

◆生産・流通・販売まできめ細かに

 主食用米はどのブランドもコシヒカリなので、収穫時期は「正味2週間です」と、営農課の長瀬智嗣さん。そのため新設のこうのとりカントリーエレベーター(CE)では、受入時に各区分ごとにビン(88×50㌧)を分け、混入事故を起こさないようにしている。
 そして農業倉庫では冒頭にも触れたように、パレットごとに大きな名札を貼り、万が一にも問題が起きない工夫をしている。
 倉庫内に通常のはい積みではなく、移動式ラックで仕分けされているコーナーがあった。「JA直売で販売する米で、ここでもブランドごとに区分管理しています」という。
 JAへ出庫依頼など出しているJA全農兵庫米麦部米麦課の芝辻光佑さんも「依頼書を書くときに間違いがないか何度も確認します。ここで間違えると大変なことになりますからね...」という。
 文字通り、営農・生産から流通・販売まで、きめ細かな対応がされていることが、よく分かる。

◆倉庫管理の基本は穀温と掃除

 当然だが、農業倉庫の基本的な保管管理についてもきちんと行われていた。倉庫管理で一番気をつけていることは? という問いに、「温度管理と掃除です」と岡村課長。
 温度管理は各はい積みごとに上・中・下に穀温計を設置して、出庫がなくても倉庫に入って毎日確認している。掃除については入出庫後は当然だが、荷動きがなくても「月に2~3回は丁寧に掃除」することにしている。そして岡村課長や長瀬さんたちは、広い管内に点在する農業倉庫9カ所とCE1カ所、ライスセンター3カ所を巡回して、徹底を図っているという。
 こうしたJA職員の皆さんの努力で、生産者が丹精を込めた米が消費者に届けられているわけだ。

◆  ◇  ◆

 取材の最後に、仕事とはいえ、これだけ細かく対応するのは大変ですねというと、農業倉庫を含めた「豊岡総合営農センター」の日下部真センター長は、労を厭わず、農家のために、農協の職員は「当たり前のことを、当たり前にやるだけです」と語ってくれた。大変ではと思った記者は、まだまだJAのみなさんの気持ちにたいする理解が足りないと反省させられた取材でもあった。
(写真)19ある米区分。誰にでも分かるよう大きな札が

農家のために「当たり前のことを当たり前に」(上)ー米の区分が19ある、地域農業を支える米、地域の特色活かした「こだわり米」

(農業倉庫火災盗難防止月間2016:関連記事)
火災盗難予防対策の確認を JA全農米穀部

農業倉庫火災盗難予防月間の取り組みについて

農業倉庫火災盗難事故防止対策

農業倉庫火災盗難予防月間にあたって (公財)農業倉庫基金理事長・長瀬仁人

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ