米・麦・大豆 特集詳細

特集:CE品質事故防止強化月間

2017.08.08 
「乾燥能力に応じた計画的な荷受けとオペレーターの適正な人員配置により品質事故防止を」一覧へ

全国農協カントリーエレベーター協議会
御子柴会長(JA上伊那代表理事組合長)

御子柴茂樹 会長(JA上伊那代表理事組合長)

 全国農協カントリーエレベーター協議会は、カントリーエレベーター(以下、CE)を設置し、米麦の生産販売一貫体制の確立をはかっているJA等の連絡を密にし、施設の管理運営について協議を行い、その改善・向上をはかることを目的に、昭和49年に設立されました。
 平成29年4月現在、会員JA数は262(39道府県)施設数は753となっています。また、会員の施設の総貯蔵能力は200万tを超えるなど、JAグループの米麦集出荷の拠点施設として重要な役割を果たしています。
 現在、各施設においては、老朽化対策および稼働率向上のための集約・再編、オペレーターの育成など様々な課題に直面しています。こうした状況を踏まえ、本協議会は、国に対して施設の集約・整備やコンタミ防止に向けた支援、施設の用途変更許可基準の緩和等を要請しました。農家組合員の営農の安定、担い手の育成支援、および地域農業のさらなる活性化に資するべく、会員JAや関係機関と連携しつつ、様々な課題解決に向けて取り組んでいく所存でございます。
 こうしたなか、公益財団法人農業倉庫基金(以下、農倉基金)によると、CEの品質事故は直近3か年で15件発生しています(米12件、麦3件)。事故発生の主な原因としては、高水分籾の過剰荷受け、長時間のテンパリング、サイロ半乾貯留時又は貯留時における穀温管理不足などが指摘されています。
 過剰荷受けへの対策としては、乾燥能力以上の荷受けを行わないよう、適切な荷受計画を作成し、農家組合員の理解と協力を得ながら、計画に沿った作業を行っていくことが必要となります。また、事故防止のためには、要員の各施設への適切な配置やオペレーターの計画的な育成も必要です。CEの運転には熟練した技術が求められるため、例えば経験の浅いオペレーター単独で運転を行うことなどがないよう、JAの経営者・管理者が率先してCEの運営体制の強化を図っていただくようお願いします。
 いったん品質事故が発生すれば、経済的な損害はもとより、長年にわたって積み上げてきた農家組合員や取引先からの信頼失墜につながりかねません。オペレーターの操作ミスに起因する事故であっても、最終的に経営者・管理者の責任が問われる事態も十分考えられます。
 本協議会は、全農および農倉基金とともに、CE稼動の最盛期における米の品質事故と火災・人身事故の防止をはかるため、8月1日から10月31日までを「米のカントリーエレベーター品質事故防止強化月間」に設定しました。
 各施設におかれましては、運営体制の整備、施設・機械等の点検整備を行うとともに、マニュアルや作業手順書等にもとづく適切な運転を行い、役職員が一丸となって品質事故防止と作業安全の確保を徹底していただくようお願いします。

(関連記事)

自主マニュアルで全職員の意識を統一 JAみい 北野カントリーエレベーター(福岡県)(17.08.08)

乾燥能力に応じた計画的な荷受けとオペレーターの適正な人員配置で品質事故防止を(16.08.10)

事故防止は「基本に忠実な行動」から(下) 現地ルポ・JA会津よつば(16.08.10)

事故防止は「基本に忠実な行動」から(上) 現地ルポ・JA会津よつば(16.08.10)

米のカントリーエレベーター品質事故防止強化月間 品質事故を防ぎ生産者と信頼築く JAいしのまき(宮城県)(15.08.06)

日本一の「岩船米」づくり支えるCE 運営・管理は「基本に忠実」 JAにいがた岩船(新潟県)(14.08.08)

JAとの密な連携で、計画的集荷を実現 上川ライスターミナル(株)鷹栖工場(北海道)(13.08.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ