米・麦・大豆 特集詳細

特集:29年産米の作柄見込みと30年産米の課題

2017.09.22 
【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【近畿】一覧へ

 外食・中食の需要に応える米づくりを進め「質より量」へ転換するとの考えや、JAによる買い取りで生産者の所得確保を図りたいとする声も聞かれた。

【近畿】
▽10a7500円(分の措置)を今後も米以外の支援として続けてほしい。米農家の収入になるように!!

▽県の目標に従い作付け。中・外食の需要に応え作付けシフトすることに取り組んでいる。質より量へ転換し手取りを確保していきたい。

▽生産者の減少が問題。実需者が望む銘柄がこの県内では不足しているから作ってくれといっているが10%も増えないだろう。

▽契約栽培を継続する。30%が直売の「コウノトリ米」は価格維持に向け早め数量等を提示。販売力とPR、契約示すべき。

▽価格維持が大事。今はオール全農だが独自販売も考えないと。JAで買い取りもやりたい。

(関連記事)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声 【北海道】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東北】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【北陸】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【関東・東山】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東海】(17.09.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ