米・麦・大豆 特集詳細

特集:29年産米の作柄見込みと30年産米の課題

2017.09.22 
【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東海】一覧へ

 飼料用米の取り組みで米価が全体として上向いてきたが、飼料用米への助成制度が「今後、どうなるのか?」として、政策の継続性を求める意見はやはり根強い。

【東海】
▽今後の見通しが見えない。生産者から明確にしてくれと言われている。

▽転作への手厚い補助の継続は必要だ。

▽生産調整の仕組みが定着するような仕組みづくり。過剰になれば価格が下がるのは分かるが、生産者にとっては所得安定対策は必要。

▽米価は飼料用米の効果が出ているが、この制度がどうなるかで価格が下がるのではないかと心配している。

▽JAでは独自販売(=地元系統外)を強化していく。

▽買取での対応を進める。業務用品種(みえのゆめ、キヌヒカリ)を動かす。

▽11月に小麦の播種が始まるので10月に市に生産数量指標を示すよう要請している。市が示す生産調整が必要。

▽担い手に対して少しずつ主食用から業務用へのシフトを促す。

(関連記事)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声 【北海道】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【東北】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【北陸】(17.09.21)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【関東・東山】(17.09.22)

【緊急調査・29年産米の作柄見込みと30年産米の課題】主要219JAのコメ担当者の声【近畿】(17.09.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ